転職成功・失敗体験談

転職サイトに登録したけど使い方がわからない!?事務から接客業への転職体験記。

リクナビNEXTやマイナビなどの転職サイトには豊富な求人が集まります。

転職を考えている人の中には、膨大な求人情報の中から効率的に自分に合った求人を探す方法を求めている人もいるでしょう。

私がどのように転職サイトを活用して、転職に成功したのか体験談を通じて紹介します。

目次

1.転職サイトで求人を探す際は年収を少なめに設定
2.さまざまなキーワードで探すのも効果的
3.新着求人を知らせるメールを活用する

 
#NAME?

転職サイトで求人を探す際は年収を少なめに設定

私は新卒で事務の仕事に就きました。

入社1年目で、じっと座ってする仕事に向いていないと感じ、転職について考えるようになりました。

それでもすぐに転職することはなく、さらに2年ほど勤めていたのですが、ある日、素晴らしい接客をしているレストランに出会い、接客業をしたいと強く思うようになったのです。

接客業に転職を決意した私は、残業のない日や休日などに転職サイトを利用して、転職活動を始めました。

人と接する仕事がしたいという思いから始めた転職活動だったため、求人数が少なくて困るということはありませんでした。

リクナビNEXTやマイナビなどの大手転職サイトを利用していたこともあり、むしろ接客業の求人数が多すぎて、どれを選んで良いのかわからなくなったくらいです。

そこまで強い希望があったわけではありませんが、求人を絞るために勤務地を設定したり、年収を指定したりしました。

後日、年収を指定した結果、自分好みの飲食店の求人を除外してしまったことに気づきました。

1万円でも設定した年収より低いと表示されないためです。

例えば、マイナビは「初年度年収」というものが指定できます。

700万円以下は50万円刻みで、希望の年収を細かく設定できます。

私は前職の年収と同じ「500万円以上」という設定にしていたのです。

この場合、499万円以下の求人はヒットしません。

私の場合は、接客をしたいというのが望みであり、年収にそこまでこだわりはありません。

この失敗で学んだのは、年収を希望より少なめに設定するという方法です。

希望の職種に就くことを重視する人にはおすすめの方法です。

基本給以外にも、賞与や手当など年収に関わる要素はいろいろあります。あまり厳密に年収を決めない方が、選択肢が広がって良いと思います。

私は、多めに表示された求人を1つずつ確認して、現在働いている企業を見つけました。

 
リクナビNEXT ネクス子

さまざまなキーワードで探すのも効果的

仕事を辞めた後に転職活動を行ったわけではなく、在職中に転職サイトを利用して活動していました。

向いていないと感じる事務仕事を終え、疲れた状態で行う転職活動であるため、うっかり良さそうな求人を見逃しそうになったことも1度や2度ではありません。

あまりにも膨大な求人情報のため、疲労した状態だとどれも同じに見えてきてしまったのです。

そこで私は、具体的にどのような接客業に就きたいのかを考えるようにしました。

あまりにも漠然とし過ぎていると、ヒットする求人が多すぎるためです。

もちろん、最低限欲しい年収なども考えて設定していたのですが、それでも多すぎたのです。

リクナビNEXTやマイナビなどには「キーワードから探す」という欄があります。

社名や職種、業種などを入力する欄なのですが、実際にはさまざまなキーワードで検索をかけることができます。

具体的に自分の働きたい企業のイメージがあるのなら、思いつくキーワードを片っ端から入力するというのも1つの方法です。

また、希望している職種や業界について理解を深めてから、キーワードによる検索を使うと効果的です。

私の場合は異業種への転職でしたから、情報収集が十分でなく、このキーワードを効果的に利用することが初めはできませんでした。

しかし、徐々に情報を集めて、理解を含めていくうちに、このキーワードによる検索がとても便利なものだと気づいたのです。

 
#NAME?

新着求人を知らせるメールを活用する

私のように在職中に転職活動をしていたり、何らかの事情で次の仕事をすぐに見つける必要があったりする人にとって、効率的に求人を探す方法は重要です。

転職サイトで求人を効率的に探す方法というと、転職サイトで検索するコツのようなものばかりを想像する人もいるかもしれません。

しかし、実際は、リクナビNEXTやマイナビなどの転職サイトにあるメールの機能も求人を探すのに役立ちます。

リクナビNEXTでは「新着求人お知らせメール」、マイナビでは「新着求人メール」といったふうに呼び名は違いますが、基本的には同じものです。

これらの機能は、その転職サイトを見なくても、新着の求人があったかわかる機能です。

新着の求人がないのに、何度もアクセスして検索することは時間の無駄といえます。

効率的に時間を使うには、転職サイトのメールの機能を積極的に活用すると良いでしょう。

 
リクナビNEXT ネクス子

メール機能やキーワード検索などを積極的に利用して探すのが重要

転職サイトで求人を探す際は、希望する年収を少なめに設定すると効率的です。

希望する年収よりわずかでも下だと表示されないため、二度手間になることがあるからです。

また、転職サイトで探す際は、さまざまなキーワードを試してみると効果的でしょう。

職種や業種だけにこだわる必要はありません。

新着求人を知らせるメールを積極的に利用すれば、さらに効率的に探すことができるでしょう。

 
#NAME?