転職成功・失敗体験談

転職をしただけでは安心できない?転職のメリット・デメリット

転職を考えている人の中には転職をすれば今の状況を変えることができると思っている人も多いですが、転職をしただけでは問題が解決しないこともあります。
中には前の職場と状況が変わらず転職を繰り返してしまう人もいます。
そこで、転職をすることのメリットやデメリットを紹介します。

 

転職をすることのメリット

転職をすることで、いくつかのメリットを得られる場合があります。

まずは環境を変えることができます。

職場の環境や人間関係も新しくなるため、新しい気持ちで仕事に取り組むことができる場合もあります。

また、給与面や福利厚生などの待遇が良くなる場合もあります。

次に、気持ちをリセットできるというのもメリットの1つです。

転職をするということは、何かしらの理由がある場合が多いです。

例えば待遇に不満があるとか、職場になじめない、仕事にやりがいを感じないなど、人それぞれ考えていることは違いますが、モチベーションが下がっていることは事実です。

しかし、転職をすることによって、モチベーションを上げて仕事に取り組むことができることもあります。

更に、資格の取得などスキルアップに繋がる場合もあります。

新しい会社で仕事をすれば、以前の会社とはまた違う仕事をすることができる場合もあります。

自分にとってやったことのない初めての業務を経験することで、新しいスキルが身につくこともあります。

また、専門の資格を取得できる場合もあるため、自分の将来のために役立つ場合が多いです。

 
リクナビNEXT ネクス子

転職をすることのデメリット

転職をするということは、メリットだけでなくデメリットもあります。
まずは、職場の雰囲気や業務内容に慣れるまで時間がかかるということです。

新しい人間関係を築いていくためには、時間がかかります。

更に、仕事内容も前職とは異なる場合もあるため、覚えるまでには時間がかかることがあります。

そのため、中にはそのプレッシャーに負けて転職を繰り返してしまう人もいます。

また、年収が下がることも多いです。

勤続年数が長いとそれに伴って給料が上がるというケースもあります。

しかし、転職をしてしまうとそれがリセットされてしまいます。

そのため、入社1年目として計算されることが多く、給与が下がってしまうことがあります。

転職をする場合には、今よりも給料が下がる場合もあることを頭にいれておくことが大事です。

また、福利厚生でも待遇が下がってしまうことがあるため注意が必要です。

転職をすると、社会的信用が下がってしまうことがあります。

これも勤続年数などと関係があり、勤続年数が長い場合には、社会的信用も高くなる場合があります。

しかし、転職して入社1年目の場合には、社会的信用はそれほど高くないため、ローンが組めなかったり、カードが作れないという場合も考えられます。

リクナビNEXT ネクス子

転職をした方が良い人の特徴

転職をした方が良い人の特徴は、まずモチベーションが下がってしまっている人です。

ストレスで会社に行きたくないと思っている人や、人間関係がうまくいかないなどの悩みを持っていて、どうしても耐えられない場合には、転職をすることをおすすめします。

自分にとって精神的に耐えられない仕事をし続けて、体を壊してしまっては元も子もありません。

そんな場合には、転職を考えることも一つの手です。

ただし、転職をしても、新しい人間関係の構築には時間がかかる場合もあるため、注意が必要です。

新しいスキルを得たい人も転職に向いています。

転職をすることで、全く今までとは違う仕事をすることもあるため、新しい能力を身に着けることも可能です。

更に、今の会社では取得できないような資格を、転職先で取得できる場合もあり、自分のキャリアアップに役立つことも考えられます。

リクナビNEXT ネクス子

現職にとどまる方が良い人の特徴

現職に留まる方が良い人の特徴は、まずは入って日が浅すぎる人です。

入社してすぐの場合には、まだまだこれから得られるスキルもありますし、勤続年数が上がれば給料が上がることも考えられます。

また、中に、ただ仕事内容が面倒くさい、上司が苦手という理由で転職を考える人もいますが、そういった考えで安易に転職をすることはおすすめできません。

もし転職をしても、新しい職場でも同じ考えになってしまい、転職を繰り返すようになってしまう場合もあるからです。

また、明確に転職したい理由がない人も転職には向いていません。

中には、もう少し給料が高い会社が良いという理由や、もう少し職場の雰囲気がいい会社がいいという曖昧な理由で転職を考える人もいます。

しかし、転職をする際には、新しい会社で面接を行う必要があります。

曖昧な志望動機であれば、面接に落ちてしまうことも考えられます。

 
リクナビNEXT ネクス子

転職はじっくり考えることが大事

転職をすることで、悩みや不安が全て解決するというわけではありません。

そのため、自分は本当に転職すべきがどうかをしっかりと考える必要があります。

新しいスキルを得たい、資格を取得したいという人は、転職して新しい能力を磨くのも一つの手です。

しかし、ただ仕事が面倒くさい、上司が嫌だという安易な理由で転職を考えることはおすすめできません。

リクナビNEXT ネクス子